暮らし

アマゾンのKindleを購入するかどうか迷っています。

kindle

こんにちは、渡辺有美です。

読書はこれまで紙メインだったのですが、どうにも部屋がかさ張ってきたのでいよいよ電子書籍端末を購入してみようかと検討中です。

いちばん手っ取り早いところで、アマゾンのKindleをあれこれと調べているところですが、実際問題タブレットでの読書ってどうなんでしょう?

これまでにもスマートフォンで電子書籍を購入して読んだことは何度かありますが、小さなスマホの画面ではストレスがたまるばかりでとても実用には耐えないと思い、今はすっかり遠ざかっています。

 

もともと読書は昔から大好きでした。ただ、子どものころから紙の本に馴染んできた私には、電子書籍というものに最初から抵抗がありました。

実体がない電子書籍には、「本」という手応えを感じることができないのが嫌だったんです。

紙の質感やページをくくる動作も読書の醍醐味のひとつと感じていた私にとって、電子書籍というのは、利便や効率を追求し過ぎているように感じ、「そうじゃないでしょう」という思いがどうしても抜けず。
何でもかんでも便利にならなくていいのに…と。

すべてがそうだとは言いませんが、せめて自分の愛着のある部分だけは「不便の美学」というものを残しておきたいという思いがあります。

社会はものすごい勢いであらゆるものが進歩していますが、自分のお気に入りくらい自分の好きな楽しみ方をしたいのです。

 

それでも実際、本というのは場所を取ります。部屋はこれ以上広くなりません。すると、自分が持てる本の量は限られてくるのも事実。

新しい本が増えると、重要度の低い本を処分していく必要があります。時にはそういう断捨離も必要だとは思いますが、電子書籍なら無理して捨てなくてもいいんだな…と思うと、確かに電子書籍の価値は認めざるを得ないような気もします。

紙の質感やページをくくる動作が醍醐味だと言っても、電子書籍が登場するまではそんなことはまったく意識せずに読んでいたわけで、電子書籍が出て来たとたん、そういった部分に突然価値を感じ始めて電子書籍を拒絶していたのも、今思えば先入観を持ち過ぎていたかな?と…。

 

kindleの商品説明やレビューを読んでいると、読み心地はかなりいいようで、紙の質感に似ているという人もいます。

スマホでの読みづらさから、電子書籍は嫌い!と思い込んでいましたが、ちゃんとそれ専用に作られた端末で読めばそこまで読みづらさは感じないのかも…?

ここは、紙の本への愛着やこだわりをいったん横に置いて、もう一度電子書籍にちゃんとした形で触れてみるのも良いのではないか?

…とちょっと思っているところです。

収納面だけでなく、外出時に重い本を持ち歩かなくていいというメリットもありますしね。それも電子書籍なら何冊でも持ち運べるわけですから。

kindleならそんなに高くないので、ここはひとつ電子書籍にもう一度チャレンジしてみよう、と前向きに検討しているしだいです。

それでは、また。