書評

とがわ愛さん著『はじめてのやせ筋トレ』を読んで早速チャレンジ

はじめてのやせ筋トレPhoto by Yumi Watanabe

発売当初からSNSで大きな話題になっていた、とがわ愛さんの著書『はじめてのやせ筋トレ』

以前から気になっていたものの、「筋トレやダイエット本はすでにたくさん持っているし……」と、ずっとスルーしてきた私ですが、本屋にいくといつも目立つ場所に平積みされているため、ある日ふと手に取ってパラパラと中身を見てみたんです。

そうしたら、イラストの可愛さ、簡潔で分かりやすい内容に、「これはなかなか良いかも……」と、つい衝動買いをしてしまいました。

ということで、今日は『はじめてのやせ筋トレ』のレビューを書いてみたいと思います。

とがわ愛さん著『はじめてのやせ筋トレ』を読んだ感想

はじめてのやせ筋トレPhoto by Yumi Watanabe

本の冒頭には、著者であるとがわ愛さんのダイエットのきっかけが語られています。

インドア派で、運動不足&スイーツ好きのためぽっちゃり体型だったとがわさんは、大好きな彼氏に出会ったことで、「スタイルのいい彼の隣を歩いても恥ずかしくない体になりたい!」と、一念発起して筋トレを開始。なんと、5カ月で10キロも痩せたうえに、女性の誰もが憧れる素晴らしいプロポーションを手に入れました。

この本では、とがわさんが筋トレダイエットの過程で試行錯誤して得た知識がふんだんに盛り込まれており、とくに「ここを鍛えれば効率的に美ボディになれる」という“やせ筋”の鍛え方をとても詳しく紹介しています。

この本の特徴は、以下の3つ。

  1. どこを鍛えればいいのかをピンポイントで教えてくれるので迷わない
  2. イラストがとても的確で、ポーズや力をこめる場所が分かりやすい
  3. 陥りやすい間違いやその解決法、効果を高めるコツまで、丁寧にフォロー

ちょっと掘り下げてみます。

どこを鍛えればいいのかをピンポイントで教えてくれるので迷わない

筋トレというと腕立て伏せや腹筋を思い浮かべる人が多いかと思いますが、ほかにも筋トレには背中、胸、二の腕、おしり、脚などを鍛えるさまざまなメニューがあります。

専門の本やネットの情報を見ると、何十種類もの筋トレメニューが出てくるじゃないですか。あれを見るとウンザリしてしまい、逆にやる気がしぼんでしまうズボラな私……。腹筋だけでも何通りものやり方がありますし、あれだけ多種多様なトレーニングがあると、筋トレ初心者はいったいどのメニューをやればいいのかと迷ってしまいますよね。

でも、一般的な女性は別にボディビルダーを目指すわけではないので、とりあえずキュッと引き締まったボディと洋服が似合う体型が手に入れば十分!という人がほとんどだと思います。
そのような人に筋トレのフルメニューなんてものは必要なく、私も含め多くの女性は少ない労力で最大限の成果を得たいと思っているはず。(ですよね?)

この本はそういう女性の気持ちを汲み取り、「ココが鍛えるべき筋肉=やせ筋」と、鍛える部位をピンポイントに絞っているので、1日10分~という最低限の筋トレで効率的に体を引き締めていくことができるんです。

イラストがとても的確で、ポーズや力をこめる場所が分かりやすい

筋トレって実は思いのほか難しい運動なんですよね。見よう見まねでは正しい筋肉を鍛えられなかったり、力の込め方が足りなくて効果が薄かったり。

筋トレで大切なことは、「正しい筋肉」に、「適切な負荷」をかけること。これができていないと、変なところに筋肉がついてスタイルが崩れるいくらがんばっても成果が出てこない、ということが起きてしまいます。

たとえば、表紙のこちらのイラスト↓

はじめてのやせ筋トレPhoto by Yumi Watanabe

これはワイドスクワットをしているイラストですが、ピンク色の帯の方には「実はコレ脚が太くなるスクワットです!」と、通常のスクワットのイラストが描かれています。なんと私はこれまで、こちらの帯に描かれている方のスクワットをもうかれこれ1年以上も続けていました。ショック!

この本には、「この筋トレをするとココの筋肉が鍛えられる」というのがイラストで丁寧に示してあるります。なので、その筋肉を意識しながら筋トレをすれば正しい部位にきちんと負荷をかけることができます。

ワイドスクワットのほかにも、「ココを鍛えると美しいプロポーションづくりができる」という女性におすすめの「やせ筋」の鍛え方がすべて明解なイラストで示してあるので、視覚的にとても分かりやすいです。
読者を正しい筋トレに導く工夫があちこちに見られる点がGOOD。

陥りやすい間違いや効果を高めるコツを丁寧にフォロー

筋トレは、正しい姿勢を保っておこなうことがとても重要です。なぜなら、重心を置く位置や、膝を曲げる角度、ダンベルの持ち方などによって、負荷のかかる筋肉が大きく変わってくるからです。それに、間違った姿勢や方法でおこなうと腰やヒザを痛めてしまうこともあるので要注意。

この本では、多くの人にありがちな間違いをピックアップして、その対処法を丁寧に解説しています。
最初から間違いを防げるうえに、もっと効果を上げるコツ上級者への負荷の上げ方まで幅広い情報が手に入るのがうれしい。

個人的に驚いたのが、背中のトレーニング。ダンベルを両手にもっておこなうメニューなんですが、まったく同じ動きにもかかわらず、ダンベルを順手に持った場合と逆手に持った場合では負荷のかかる筋肉がちがうのです。「腰のハミ肉対策なら順手、浮き輪肉対策なら逆手」と説明のあるとおり、まさにピンポイントでその部分に効いてびっくり。人間の体って不思議ですね。

早速「やせ筋トレ」にチャレンジ

ダンベルPhoto by Yumi Watanabe

やせ筋トレでは、ダンベルを使います。

↓うちにあるのはこちらの重さ調節可能なダンベル。


ダンベル 10kg 2個セット【計 20kg】滑り止め加工 重さ調節可能

2,780円 送料無料

以前、夫のために購入したものなんですが、最近あまりやらなくなってしまったので、今は私が自分用に重さを調整して使っています。

ダンベルPhoto by Yumi Watanabe

本では、2kgのダンベルを推奨しています。私の場合は、0.75を両端にセットして1.5kg、棒の重さもあるので、おそらくこれで2kgちょっとくらい。けっこうずっしりと重いです。

普段から、スクワット・ヒップリフト・レッグレイズ・プランクなどの筋トレを日課にしてプロテインも常飲しているという、筋トレ初心者はすこし脱皮したかな?という感じの私ですが、実はこれまでは下半身中心の筋トレばかりであまり上半身は鍛えてこなかったんです。

とがわさんの本で、背中を鍛える重要性を知り、さっそく初日は「背中&腕&胸」の筋トレを組み合わせてやってみました。

最初のセットはわりとサクサクできまして、意外に楽勝かも?と思ったのですが、2セット目からはダンベルの重さがさらにズシッと増したように感じて四苦八苦。
3セット目は、もう腕だけでなく体中がプルプルプルプル。キツイ…!

なんとかメニューをこなしたものの、もうその日の夕方からすでに上半身のあちこちがミシミシ痛みだし、そのあと数日間ず~っと筋肉痛に苦しむはめになりました。いかに上半身の筋力が衰えていたか、愕然……。

一方、下半身は普段から鍛えていることもあり、それほどひどい筋肉痛にはなりませんでした。とはいえ、筋トレ後のズーンとした体の疲労感はこれまでに味わったことのないもの。とがわさんのメニューをこなしてみて、自己流の筋トレの甘さを思い知りました。

このまま、やせ筋トレを続けていけば、おなかのぷよぷよも少しは解消されるかな?

そういえば、私がこれまでやってきた腹筋は実はおなかが細くならないということを知り、こちらも目から鱗。

ちゃんとウエストを細くするための筋トレ法も紹介されてますので、興味のある方はぜひ♪

最後に

ダイエットに挫折してしまう女性の気持ちに寄り添い、きめ細やかなサポートでわかりやすく女性向けの筋トレをすすめてくれる「はじめてのやせ筋トレ」

とがわ愛さんはツイッターでもためになる情報をたくさん発信されているので、気になる方はぜひフォローを。

※とがわ愛さんのツイッターはこちら