コスメレビュー

A’kin(エイキン)のローズヒップオイルをお試し。感想&口コミレビューを紹介します♪

 

スキンケア、ヘアケア、ボディケアなど、オールマイティに使える「ローズヒップオイル」

肌のお手入れ用のオイルはいろいろありますが、中でもローズヒップオイルはシワやシミ、たるみなどの肌悩みが増えてくる40代からのエイジングケアとして、最適なオイルなんです。

今回、ボタニカルコスメのA’kin(エイキン)ローズヒップオイルをいただく機会があり、さっそく使ってみたので、使用感やテクスチャの様子などをくわしくレビューしたいと思います。

さらに、数々の口コミ情報や、商品のくわしい情報もお伝えしていきますね。

>> 【A’kin】ローズヒップオイルの詳細はこちら

「A’kin ローズヒップオイル」はこんなオイルです!

A’kin(エイキン)は、オーストラリアのボタニカルブランド。動物実験に反対の姿勢をとり、100%ビーガンの製品作りをしています。

ビーガン(Vegan)というのは、ひと言でいうと「完全菜食主義者」のこと。化粧品なら配合成分や製造工程などで動物性のものをいっさい使用しないことを言います。

エイキンのこだわりは以下のとおり。

  • ハチミツ・ミツロウなどの動物由来の副産物は使わない
  • 環境保護&温室効果ガス排出量削減に努めている
  • パラベン・流塩酸・人工着色料・人工芳香剤等を使用しない
  • 植物学者との共同開発で、製品には植物由来の成分が有効活用されている

こうした確固たるポリシーを持って信念のある製品作りをしているメーカーは尊敬できますし、これだけ原料選び&製品開発にこだわっているメーカーの商品なら、アトピー持ちで化粧品の成分に神経質な私でも、それほど警戒せずに使うことができます。

A’kin(エイキン)のローズヒップオイルは100%認定オーガニック。COSMOS認定オーガニックローズヒップオイルに、サンダルウッド・マカダミア・アビニシカオイルを加えた独自処方です。軽い使い心地が特徴で、オイルケアが初めてという人でも割と使いやすいのではないかと思います。

また、A’kinのローズヒップオイルは「二酸化炭素抽出方法」というやり方で、もっとも有効な成分を搾汁しています。二酸化炭素抽出で作られたオイルは、熱や酸素、溶媒を介さないので普通のオイルよりもより新鮮なのだとか。純度・濃度ともに水準の高いオイルができるのだそうです。酸化しにくいという点も、A’kin(エイキン)ローズヒップオイルのメリットの一つなんですね。

ではさっそく、実際に使ってみた感想&レビューを書いてみたいと思います。

A’kin(エイキン)ローズヒップオイルの体験レビュー

ボトルは、先端まで約12センチ弱のサイズ。
容量は、45mlです。

ナチュラルな雰囲気の素敵なボトルですね。

このようにスポイト式になっているので量の調整がしやすく、出し過ぎてしまう心配がありません。

さっそく、肌に乗せてみます。オレンジ色のテクスチャはとてもサラッとしていて、腕を傾けると肌の上をスーッとすべっていきます。

肌に広げていくと、よく伸びてスルスルと塗りやすかったです。すこしの量でもけっこう伸びるので、コストパフォーマンスもなかなか良さそうです。

塗った直後は少しオイル感があったものの、すぐに肌に馴染んで表面はしっとり。いやなベタつき感もありません。塗ったあとに肌がすごくやわらかくなって、ふっくらした感じになるのを実感できます。内側からうるおっている感じ。この感触はすごく良いなぁと思いました。

肌表面の見た目も、キメが整ったようになめらかになりました。塗る前と塗ったあとでは、肌触りも見た目もけっこう変わります。

【A’kin】ローズヒップオイルはコチラ

A’kin(エイキン)ローズヒップオイルの成分は?

気になるエイキンローズヒップオイルの成分は、以下のとおりです。

カニナバラ種子エキス(ローズヒップオイル)、マカダミア・タルニフォリア種子油、クランベアビシニカ種子油フィトステロールエステルズ、ビャクダン種子油(オーストラリア種)、ローズマリー葉エキス

エイキンの美容オイルのなかで、このローズヒップオイルがいちばん保湿力が高いのだとか。確かに、オイルの油っぽさがほとんどないのに、肌がしっとりとうるおうのを実感できます。肌の乾燥に悩んでいる方にはぴったりではないでしょうかね。

あと、ローズヒップオイルに豊富に含まれる80%脂肪酸(オメガ3,6,9)エキスは、肌のアンチエイジング効果が期待できるのだとか。もうじき五十路に手が届く私にとってはうれしいかぎりです。

エイキンのローズヒップオイルの特徴として挙げられているのが、以下の5点。

  1. 保湿力の高い定番人気の美容オイル
  2. ハリのない肌を引き締める
  3. 乾燥による肌のくすみケアに
  4. 妊娠時・産後のボディケア
  5. エイジングのサインにアプローチ※引用元:エイキン公式サイト

とにかく女性にとってオールマイティなオイルのようです。とくに、数々の年齢サインが気になり始める40代50代あたりの女性にとって、エイジングケアができるオイルは貴重ですね。

ローズヒップはお茶が有名ですが、お茶の方もやはり美肌や美容全般に良いといわれ、女性のあいだではとてもポピュラー。そのローズヒップの有効成分をお肌から直接とり入れられるのが、このローズヒップオイルというわけです。

A’kin(エイキン)ローズヒップオイルの商品情報

販売元 A’kin(エイキン)
オイルの種類 100%認定オーガニック ローズヒップオイル
価格 5,800円(消費税込:6,264円)
内容量 45ml
支払い方法 各種クレジットカード、Amazon pay、楽天ペイ

※公式サイトで購入すると、ポイント還元誕生日特典があります。

>> A’kin 公式サイトはこちら

A’kin(エイキン)ローズヒップオイルの使い方

ローズヒップオイルは、上にも書いたとおり、スキンケアだけでなく髪の毛ボディのお手入れにも使えます。乾燥しがちな場所に使えば、しっとりとうるおいを足してくれます。

以下に、ローズヒップオイルで期待できる効果・効能を紹介します。

  • 肌……シワやシミの改善などのエイジングケア、美白
  • 頭皮……抜け毛、薄毛の予防改善(おもに頭皮マッサージに使用)
  • 髪の毛……乾燥による広がりや絡まり、紫外線ダメージなどの予防
  • ボディ……妊娠線のケア

<ローズヒップオイルの使い方>

  1. 洗顔後、化粧水のあとに3~4プッシュを手にとる
  2. 顔~首~デコルテに、やさしくマッサージするようにオイルを馴染ませる
  3. 普段の保湿ケアをおこなう

入浴後のまだ温かさが残っている肌や、化粧水のケア後の少し水分が残っている肌に使うと、より浸透しやすくなりますよ。

乾燥時期におすすめのエイキン「ローズシリーズ」♪

実は今回、ローズヒップオイルと一緒に、「ローズミストトナー(化粧水)」と、ローズヒップオイル配合の「モイスチャライザー(化粧液)」を一緒にお試しさせていただきました。どちらもとてもよい使い心地で、ローズの香りがすごく好みでした。

A’kin(エイキン)のローズヒップオイルは、年齢サインが出始める年代の女性にぴったりの美容オイル。
オーガニックやビーガンにこだわりたい人はもちろん、オイル美容に興味がある人ローズヒップオイル初心者の人にも、とてもおすすめです♪

A’kin ローズヒップオイルの公式サイトはこちら

All Photo by Yumi Watanabe